■ボトムケース作製

 

ボトムケースの穴あけをしていきます。

 

準備するモノ

ケース

工具:ドリル(卓上ボール盤)・金ヤスリ

所長はこれにプラスしてルーターを使います

 

ボトムケース部分の寸法はコチラ

<右クリックでDownLoad>

ポンチを打って小さいドリルから、ジョジョに大きなドリルで、穴を広げていきます。

ほいで仕上げにリーマーでジョジョに削ってピッタリのサイズにします

俺は人間をやめるぞー!ジョジョー!

…すみません、言いたかっただけです

 

所長は当初ハンドドリルでやっていましたが、どーしてもドリルがヨレて穴がずれるので、卓上ボール盤とマイクロテーブルを導入しました。

もともと作業がテキトーっつーのもありますが…

研究室(作業場)が異常に狭いし、家庭内での肩身もあまり広くないので、プロクソンのテーブルドリル28128とマイクロクロステーブル27100です。

それにボール盤バイスを付けたり外したりしています。

中古で手に入れましたが、これの導入後は産業革命前→革命後ぐらいの違いです。

まさにマニュファクチャー!(注:違います)

 

RGD機構のロッドが通る四角穴を開けます。

最近所長は4隅をドリルで開けて、4辺をルーターのカッティングディスクで開けています。

ここも以前は10mmの穴を空けて、金ヤスリで四角にシコシコと整形していました。

キツかったなぁ

電動工具がない方は頑張ってぇつかぁさい(白目)

ここのボトムケースの穴あけ精度が、

後の製品のクォリティに大きく関わるので、目を血走らせながら頑張ってくださいまし。

所長は何度「あー!もうやめたっ!」となったコトか…

もうあそこには戻りたくないんだ。

How to make the Pure Boost Pedal.