まずは穴あけ。

■ピポッド作製

 

ペダルとボトムケースを繋ぐピポッドを作っていきます。

 

準備するモノ

アルミL字アングル材20/20/2.0t

工具:金ノコ・ドリル・金ヤスリ・ペーパー

所長の場合はこれにプラスして金ノコジグを使います。

 

ピポッドの寸法はコチラ

<右クリックでDownLoad>

この穴あけの精度がBooster Pedal Risingのクォリティを左右すると言っても過言ではないので(珍しく言い過ぎでない)、 部材に余裕があるウチに穴あけ作業を行っていきます。

この段階でやり直す分には負担が少ないしね。

納得できるクォリティの穴あけが出来てから、切り出しに入った方が、精神的負担が少ないですしーやり直しも気が楽ですしー(経験談)

納得できる精度で穴あけが終わったら、後は結構気が楽です。

テンプレはオニギリ型にしてありますが、ここは円にしようが、四角にしようが、 ミッキー型にしようがOKです (別の問題が生じるかもしれませんが…)

 

所長の場合は、先にボトム側を切ってからサイドの斜めを切ります。

斜め切り用のジグです。

これも東急ハンズ工作室で作ってもらいました。

こいつが出来てから作業が捗るコト捗るコト…

抱いて眠りたいぐらいです。

 

ほいで、トンガリ部分を金ヤスリで整形。

ペーパー掛けしてセミ鏡面加工。

表に出るパーツなのできれいにしておきましょ。

 

ピポッド完成です

How to make the Pure Boost Pedal.