エフェクターケースの鏡面加工

How to Polish the Effecter Case to a Mirror

■プロローグ

 

自作エフェクターを作るにあたって、誰しも思うのが「カッコイイのが作りたい!」

 

好きな色に塗装したい! とは思うものの、塗装なんてやったことないし、うまくいくんだろうか?

心配になる御仁も少なからじだと思います。

そんなときゃー、

まずは鏡面加工から始めるのをオススメします。

 

まず、カッコイイ。

それに鏡面加工なら大きな失敗するほうが、逆に難しいし、慣れてくれば慣れきたなりに 次の課題がやってくるので 奥が深い。

 

それでは いってみよー

■準備するモノ

◯耐水ペーパー・ウレタンフォーム

160・320・600・800・1000・1200・1500・2000

2枚ずつぐらいあれば当分鏡面加工ライフをエンジョイ出来ますね。

150とか320はたまたま所長の使っているのがそうなだけで、160とか300とかでぜんぜんOKです。

 

ウレタンフォームはペーパーのアテに使います。

既成のアテ木とかでもいいですが、所長はウレタンフォームで30mm×30mm×20mmのモノを作って使っています。

エフェクターケースにはこれぐらいがいいんじゃないかと。

 

◯ピカール

これはあってもなくてもいいんですが、所長が個人的に昔から好きなので入れてあります。

◯リキッドコンパウンド

個人ユースならこの3本セットで十分だと思います

 

■ペーパー掛け

鏡面加工最初にして最大の作業、ペーパー掛けです。

まずは150でザーっと削っていきます。

結構アルミケースは平坦でない部分がありますので、ここで平らに削っちゃいます。

円運動でクルクルしながら削っていきます。

ペーパーの触れていない部分が無くなったらOKです。

けっこうザラザラです。

最後に直線運動でサーサー削って、磨き傷を一方向に統一します。

続いて320です。

160でついた傷を消していきます。

まず円運動でクルクルと磨いていきます。

160で付けた直線の磨き傷が消えて円の磨き傷になったら、160の磨き傷は消えたっちゅーコトです。

100パー我流なので、いいのか悪いのかわかりませんが、所長はこのやり方で磨いています。

最後にまた一方向に磨き傷を統一します。

表面はサラサラっつー感じです。

続いて600です。

この辺りの磨きから、最後の仕上がりに差が出るので気合を入れていきましょー。

円運動でクルクルと磨いていきます。

ペーパーは磨いていると目が細かくなるので、各面それぞれ最初はフレッシュなペーパーで磨いていきましょう。

目が細かくなったペーパーで磨いた面を、またフレッシュなペーパーで磨くと、ふりだしに戻るみたいになってしまうので気をつけましょう。

上手く磨けていると600ぐらいから水を弾くようになってきます。

これがまた気持ちいい。

生きている!おれ、生きてるぞー!ママー!

…と達成感を感じることでしょう。

そして800。

鏡面加工の注意点は 「その番手で消せなかった傷はその先の番手では消えない」です。

今磨いてる番手でテキトーに磨いた面は、のちの番手で改善するコトはありません。

今を一生懸命生きるのです。

問題を先送りしても、後で問題が解決するコトはありません。

人生を諭されているようです。

耳に激痛が走りますね。

ここから1000→1200→1500→2000といきますが、 ここから先は削る&磨くというよりは、 「曇りをとる」みたいな作業になります。

磨く方向もクルクルから同じ方向への直線運動に統一します。

■液体コンパウンズ

2000までいったら、ペーパーはおしまいにして、ピカールへ移ります。

ピカールも磨いているうちにコンパウンドが砕けていって、目が細かくなるそうです。

「途中でピカール追加」は「振り出しに戻る」になるらしいので、全体をザッと磨いてから各面の仕上げに入った方がいいようです。

ただピカールはほぼおまじないに近いので、やってもやらなくてもいいと思います。

所長はピカールが昔から好きで、最終的な仕上がりに差が出るような「気がする」ので、ピカールを使っています。

最終フェーズの液体コンパウンドです。

細目・極細目・超細目でいきます。

所長はここはティッシュで磨いてます。

いいのか悪いのかはよくわかりません。

所長はいいと思ってます。

■か、完成だ…

これで完成です。

 

どうですか?

ピカピカになりやしたか?

惚れ惚れする出来映えですか?

出来たての鏡面加工は、コイツをツマミに酒が飲めるほど、素敵になっていると思います。

飲みすぎんなよ。

■エピローグ

これで鏡面加工は終了です。

 

あくまでも手仕上げなので、どうしても磨き傷は残ってしまいます。

そもそもアルミケースが鋳造品なので、いくらがんばっても「ス」が出てしまいます。

もし機会があればバフ掛けにも 挑戦してみたいもんです。

手仕上げとは段違いの仕上がりになるはずです。

 

鏡面加工は頑張ったら頑張っただけ、目に見えて仕上がりが良くなります。

もう修行のつもりで頑張ってくださいまし。